プロペシアのジェネリック商品エフペシアの画像

エフペシア、という医薬品を知っていますか?あのAGA治療薬で有名なプロペシアのジェネリック商品なんです!なので、安価なのに安心して脱毛を防ぎ、発毛を促進させることが出来るのです!

エフペシアに含まれているフィナステリドが髪に良い?

男性型脱毛症はAGAと呼ばれ、男性特有の症状になっています。女性の薄毛に比べ、男性の薄毛は男性ホルモンの影響によるものであるため、男性ホルモンを抑制しない限り、脱毛は継続することになります。テストステロンという男性ホルモンが酵素によってジヒドロテストステロンに変化し、頭皮に影響することで、脱毛は引き起こされます。ジヒドロテストステロンは脱毛を引き起こすだけでなく、ヘアサイクルを乱し、髪の毛の成長を妨げるため、ホルモンの産出を抑止することが、AGAの改善には必要なことになります。2016年現在、薄毛に効果があるとされる成分は二種類あり、ミノキシジルとフィナステリドの二つになっています。ミノキシジルは頭皮の細胞を活性化させ、髪の毛の成長を助ける作用がありますが、フィナステリドには男性ホルモンの産出を抑制する効果があるため、併用することで薄毛の改善に期待が持てるようになります。フィナステリドが含まれている医薬品としてはプロペシアが有名ですが、そのジェネリック医薬品であるエフペシアも広く用いられた医薬品になっています。エフペシアはプロペシアに比べ、価格が安価であるため、長期的な治療が必要なAGAにおいて適した医薬品になっています。エフペシアがAGA対策に効果的な理由はフィナステリドにあり、フィナステリドを服用することで男性ホルモンが抑制され、ヘアサイクルが正常化する可能性があります。エフペシアに含まれるフィナステリドは長期的に使用することで効果が期待でき、日本国内における臨床実験では、3年間の適切な使用を行った患者はおよそ8割程度が改善されたとされ、また3年の間現状を維持した患者はおよそ9割存在したとされています。

エフペシア服用の注意事項

エフペシアは効果のある薬ではあるものの注意事項を理解しておく必要がある薬でもあります。注意事項に副作用が出る場合があること。エフペシアの主成分はフィナステリドですが、元々は薄毛治療の為の成分ではない為に回復効果以外の作用が出てしまうことがあります。EDや肝機障害といった重い副作用もありますので、そういった症状が出るリスクがあるものと理解しておかなければいけません。また、エフペシアはジェネリック医薬品ですが、先発医薬品と比べると添加物に違いがあります。添加物が異なることで予想外の副作用が出るリスクもありますので、もし何らかの異常が発生した際には使用を中止したり医師に相談をすることが大切です。なおエフペシアに限定したことではありませんが、このタイプの薄毛治療薬は後遺症が出ることがあります。服用を止めても症状が出る恐れがありますので症状が出た時は一層の注意が必要です。続いての注意事項に薬の飲み方についてです。大事なのが服用量をしっかりと守ること。量を沢山飲めば効果が上がると考えられることもありますが、量が増えれば副作用のリスクもアップしてしまいます。また、この薬にはフィナステリドが1mg配合されていますが、それで十分な効果があると考えられています。つまり量を多くしてもあまり意味がない可能性がありますので、やたらに沢山飲んだりするようなことは厳禁です。毎日決まった時間帯に飲むようにすることも注意したいポイントです。効果的に使用する為には血中濃度を一定に保つことが求められます。よっていつも同じ時間帯に飲んだ方が安定させることができますし、飲む間隔が不規則ですと副作用のリスクが高くなったり効き目が低くなってしまう可能性があります。

エフペシアは髪の質もよくなる?

自分では気づかない前頭部や頭頂部の薄毛を、家族や他人に指摘された時のショックは他人では到底想像できないような悲しい気持ちだと言います。特に働き盛りの男性は仕事や育児に忙しく、自分のヘアトラブルにすぐに気付くことが中々できないのも現実です。男性の髪が抜けたり薄くなったりする理由の1つには、男性ホルモンの影響が大きく関わっているのです。そのため男性ホルモンの分泌量が過剰な人ほどヘアトラブルに悩む確率が高いと言われています。代表的な男性ホルモンであるテストステロンの分泌が盛んになることで、頭皮の皮脂の中にあるテストステロンと結合します。すると髪の脱毛作用を促すとされるジヒドロテストステロンの働きが活性化してしまいます。その結果としてジヒドロテストステロンの悪影響を受けやすい、頭頂部や前頭部の薄毛や抜け毛が発症していきます。このようなタイプの薄毛や抜け毛にお悩みの方にはフィナステリドという有効成分を配合しているタイプの育毛剤が効果的とされています。エフペシアはフィナステリドを有効成分とする男性型脱毛症の治療薬としても知名度の高いプロペシアのジェネリック医薬品です。エフペシアの有効成分であるフィナステリドには薄毛の原因である、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果に優れると言われています。そのためエフペシアを適量守って服用することで、前頭部や頭頂部の気になる薄毛や抜け毛を改善するという発毛効果に優れます。またエフペシアには髪の脱毛を抑制する効果と共に、頭皮の毛母細胞を活性化する働きもあるようです。そのため男性でも年齢と共に失われがちな髪のハリやコシを取り戻すという髪質改善効果にも高い期待ができると言われています。